車の好きな男の子は、よく友達感覚で私を(彼女じゃない)ドライブに誘ってきた。
私の場合は頻繁だった。男の子にはいつもドライブに誘われていて、楽しかった思い出がたくさんある。

その中の一つは高速道路を走り、ドライブインでご飯を食べたりお茶を飲んだりして、少し家から離れた外の気分を味わうこと。たいしたことをしなくても、なんとなーく楽しい。それだけで他に何にも行かない。行って帰るだけでもいい。

そこにはたいていよその県のいろんな人が集まってきて、家の方とは違い、雰囲気がガラッと変わるから、あー高速を走ったんだなーと思える。

道路を走っているといろんな景色が視界に入り、四季のうつろいで桜があちこち満開だったり、次から次へすごくいい景色が見れる。これぞ!ドライブの醍醐味!また、走りたい、と必ず思う。

それが、またドライブに誘ってもらったりして、アクアで高速じゃない下の別の道を走ったり、いろいろたくさんドライブに行った。ものすごい回数行っている。

もうこうなると、景色を見るというより… 道路を通して日本を見るという感じだ。

This post has no comments. Be the first to leave one!

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です